top > 今日の出来事

良い汗をかきましょう

■汗は血液からつくられ

  体温調節の機能をする重要な役割をしています。

 

汗の出るしくみ

 

皮膚には汗を排出する汗腺があります。

汗腺には“エクリン腺”と“アポクリン腺”の2種類あります。

 

 

 

 

 

 

 

≪エクリン腺・アポクリン腺の特徴≫

 

エクリン腺

アポクリン腺

分布部位

体表全体にあり、とくに手のひらや足の裏に多い。

皮膚の表面に汗を出す。

腋の下や外陰部などの体毛のある限られた部位

毛穴に汗を出す。

機能

・発汗による体温を調節

・腎臓機能の補助

・皮膚の乾燥防止

 

・性的アピール

汗の特徴

・透明な液体

おもな成分は99%が水

・尿に似た成分をわずかに含む

・無菌状態では無臭だが、細菌に分解されるとにおう

・蛍光を発するににごった液体

おもな成分は水

・蛋白質や脂質等の有機成分が含む

・特有のニオイがある。ニオイが強い場合 を「腋臭症」という

発汗に影響す
  る因子

・気温

・緊張など大脳への刺激

・辛い物を食べる

・性的興奮

・一度分泌したアポクリン腺は以後24時間は活動しない

 

 

□通常『汗をかいた』と感じるときは“エクリン腺”からの汗のことを指しています。

 

 

 

発汗の種類と働き

汗をかく状況によって、汗の種類は異なります。
発汗の種類とその働きは、下記のようになります。

 


 □温熱性発汗

気温の上昇や時間の運動時、食事時など、体温の上昇を防ぐために、全身に分布しているエクリン腺から汗が分泌さることを「温熱性発汗」といいます。

人は汗をかくことで、体温を調節しています。

 

 

□精神性発汗

会議やテストで緊張したり、ドキドキしたときに汗が分泌されることを「精神性発汗」といいます。
いわゆる“冷や汗”で手のひらや足の裏、腋の下、額などに局部的にかく汗です。

汗腺は交感神経に支配されている為、緊張により交感神経が刺激されて発汗します。

 

□味覚発汗
 辛いものを食べたときに、発汗神経が刺激を受けて汗が分泌されることを「味覚性発汗」といいます。

額や鼻などに局部的にかく汗です。

 

 

○ 現代人は、汗をかくことが減り汗腺が衰えてしまい“悪い汗”をかきやすくなっているそうです。
人間の体には約200万〜500万の汗腺があると言われますが、全体の約半分が休眠汗腺といって普段は活動していません。

汗のかかない生活をしていると、体は汗をかく必要がなくなってしまい、めったに使われない汗腺も機能不全を起こしてしまい、汗腺の数がさらに減ってしまいます。

活動している汗腺の数が減ると、1つの汗腺は他の休んでいる汗腺の分まで働かなければなりません。すると、ミネラル分を血液へ十分に戻すことができなくなり、悪い汗をかいてしまうのです。

 

 

良い汗と悪い

 

健康的な”良い汗”

 

汗腺が毛細血管から塩分やミネラルなどが混ざった水分くみ取る。

      ↓

身体に必要な塩分やミネラルだけ体内に戻す。

      ↓

水分だけが汗腺を通って体外へ出ます。

 

 

 

”悪い汗”

 

塩分やミネラルが体内の中に戻らない。

      ↓

水分と一緒に体外へ出てしまう。

 

 

 

 

 

 

  

  

・水にちかいサラサラした状態

・蒸発しやすい

・汗の粒が小さい

・じんわり出る

・必要に応じてかく

・塩分やミネラルが含まない(99%が水分)

・舐めても味がしない

・効率よく体温調節できる

・熱中症になりにくい

・雑菌が繁殖を抑えられニオイが発生しにくい

・ベトベト・ネバネバした状態

・蒸発しにくい

・汗の粒が大きい

・一気にどっと出る

・だらだらかく

・塩分やミネラルが含まれる

・舐めるとしょっぱい味がする

・体温調節がうまく行われない

・熱中症になりやすい

・雑菌が繁殖しやすくニオイが発生しやすい

 

良い汗をかくポイント

 

・ウォーキングなど有酸素運動で汗をかく習慣をつけると、

汗腺の機能が高まり、ニオイのもととなる体内の乳酸が減り体臭が軽減されます。

・シャワーではなく、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かって体を温める。

入浴は、汗を出す習慣付けにはもっとも身近な方法で汗腺を鍛えることができます。

・1日に2〜3時間はエアコンを止めて窓を開けて、自然に汗ばむ時間をつくる。

エアコンを使用する際は、外気温との温度差を5度以下にする。

・規則正しい食生活を心がける。

不規則な食生活はホルモンバランスを崩す原因となり、正常な汗腺の働きを保ちにくくなります。

 

■悪い汗は、様々な体調不良の原因になります。

 良い汗をかく体質に改善し梅雨や真夏日をのりきりましょう。

 

内臓疾患による、主にホルモンの分泌異常による発汗があります。

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)糖尿病、褐色細胞腫、更年期障害などが原因です。

このような病気の場合は、他の症状も目立つことが多くあります。

例えば、糖尿病の方ですと甘酸っぱい体臭と倦怠感や口渇など自覚されるようですので、病院へ受診することをお進めします。

 

 

参考文献


健康キレイナビ: http://kknavi.lion.co.jp/


セルフドクターネット:http://www.selfdoctor.net/search/index.html